胸が大きくなるメカニズムを知れば効果的にバストアップ!?

胸が大きくなるメカニズムを知ることで、
どうすれば今よりもバストアップに出来るかの
ヒントになります。
 

バストアップというと成長期に一番発達しますが、
大人になってからでもバストアップに成功した
という女性の話もよく聞きます。
 

実は、どちらもメカニズムをきちんと理解すると
納得のいく結果であることが分かります。

 
胸が大きくなるためには、ある物質が
影響を与えていると考えられています。
 

それは「女性ホルモン」 です。
 

女性ホルモンと一口に言っても
さまざまな効果があるのですが、
 
簡単に言うと女性らしい体を作る上で
かかせない物質なんです。

 
ですから、この女性ホルモンが多く
分泌されることでバストアップにも
効果があると考えられるのです。
 

成長期の女の子の場合、女性ホルモンが
非常に多く分泌されていることが
分かっていますので、バストが
大きくなりやすいのは当然です。

 
では、大人になってから胸が
大きくなるためにはどうすればいいのか
といえば、バストアップのメカニズムに
照らし合わせてみると分かりますが、
女性ホルモンを多く分泌させることで
バストが大きくなる可能性が期待できます。
 

しかし、自分で女性ホルモンをコントロールする
ことは難しいですし、年齢と共に減少していって
しまうこともあり、体内で作るのではなく、
外から摂取するのが効果的になります。
 

代表的なものでいえば大豆です。
 

大豆には女性ホルモンに似た働きのある
大豆イソフラボンという成分が含まれています。

 
そのため、大豆を積極的に摂取することによって、
体内の女性ホルモンが増えてバストアップに
つながることが期待できます。
 

ただし、一つ注意したいのが成長期にある十代の女の子は、
もともと女性ホルモンがたくさん分泌されていますので、
大豆を摂取することでホルモンバランスが乱れることも
ありますので、食べすぎには注意が必要です。
 
バストアップにオススメの生活習慣はこちら

美乳革命の魅力まとめ

45578767878

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ