ブラジャーつけ方を間違ってませんか?正しいつけ方講座

58

バストアップを考えたら、
ブラジャーの正しいつけ方を意識する事が大切です。

 
間違ったつけ方をしていれば、
それによりバストが小さくなってしまう事があります。

 
ブラジャーの正しいつけ方は、
まずストラップを肩にかけ、
その状態で体を前に倒し、
カップの中にバストを入れていきます。

 
そして、体を前に倒したまま、
後ろのホックを留め、
そしてその姿勢のまま、
片側のストラップを浮かせ、
バストを中央に寄せていきます。

 
反対側も同じ様に行い、
良い形になったら、
体を起こしてから、
ストラップを調整して完成です。

 
体を起こした際に、ブラジャーの横に
バストがはみ出したり、必要以上に
ストラップが食い込んだり、
バストがつぶれたりしていなければ、
正しいつけ方ができています。
 
この際、バストが潰れていたり、
窮屈だったりする場合、
バストアップの妨げになってしまう事があります。
 
正しいつけ方をしてみて、
バストの状態が良くないと感じたら、
それはブラジャーのサイズが合っていない
可能性があります。

 
その場合、まずはブラジャーのサイズから
見直してみる事が大切です。
 
サイズが合ったブラジャーをつけていれば
それにより、バストアップに繋がります。
 
ですが、あっていないままつけ続けると、
バストアップに繋がらないだけでなく、
バストそのものの形が悪くなってしまう事があります。
 
ですから、良いバストを維持したいと考えたら、
正しいサイズのブラジャーを選び、
正しいつけ方をしていく事が大切です。
 
最初は、つけるのに時間がかかる事になりますが、
慣れてくると、手早くつける事ができるようになります。
 
そして、正しいつけ方を続ける事で、
バストアップしやすい状態を作っていく事ができます。

 

ワコール”ブラジャーのつけ方”

 

45578767878

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ